Home » ロングテール

Sponsored links

ロングテール

SEOのキーワード選定でロングテールキーワードを進める理由

ロングテールキーワードとは簡単に説明しますと、多く検索されているキーワードを左から順番に並べた際、右側に来るキーワードのことをいいます。

SEOキーワードから離れてまずロングテールとは、お店でよく売れるものを左から順番に並べていき右側に成るに連れてグラフが右肩下がりに成る様子を想像できます。

実店舗の場合、月に1個2個単位でしか売れない商品を沢山陳列するには店舗面積の都合上難しくなります。

しかし、ネットショップの場合、倉庫に積み上げるだけで良くなるので1商品あたりの在庫保有コストが安くなり0円に近い数字になります。

そうなると、月に1個しか売れていないような商品でも、在庫として置いておくメリットも出てきます。 更にネットショップでは、商品ページの下の方に関連商品や、よく一緒に購入されている商品などと標示されることが多いです。

関連商品が多いほどその商品に結びつく商品も多くなります。
そういうことでネットショップではあまり売れない商品でも、ある程度仕入れて沢山の商品を保有しています。 このグラフを左が恐竜の頭の部分、右の端っこの部分が尻尾になります。この時のグラフの形が恐竜に似ていて、しっぽが長く続くことからロングテールと呼ばれるようになりました。クリス・アンダーソンの著書:Wiredの中で最初に提唱されたとしています。

SEOのキーワード選定でロングテールキーワードを進める理由の続きを読む

Sponsored links

流行を追いますか?

Google Blog Searchアフィリエイト ネタ探しと検索すると4月16日22時44分時点で1,805件が検索されています。
ネタ探しに悩む記事とネタ探しのアドバイス記事があるみたいです。
自分もネタ不足で悩むことも有ります。
しかし、ちょっとしたアイデアが浮かびましたのでご報告します。

ネタ元は「本」「新聞、ニュース」「Blog、サイト」など様々です。例えば春のファッションについてネタにしたとします。

流行を追いますか?の続きを読む

ロングテールについて少し

バブルな時代にティーンエイジャーだった自分は夜の歌番組と言えば○○ベストテンなんか放送され、視聴率も番組後半の人気歌手やグループが出る時間帯に高視聴率を記録していたようだ。

バブル崩壊後、徐々に歌番組は姿を変えただ単に総合ベストランキング的番組はなくなり、季節やカラオケ、アニメソング、ナツメロ等の特別ランキング的になっている。

要するに皆が聴いている曲にはあまり関心が無く自分が聴きたい曲例えば春には卒業にまつわる曲のランキングの方が知りたいと言う事だ。
又はヒット曲は知りたいが毎週テレビに1時間かじり付いて試聴する程ではないベスト10なら5分で充分だ!
さてロングテールとこれが何の関係が有るの?と考える人もいるだろうが自分は密接な関係が有ると言いたい。

ロングテールについて少し兇梁海を読む

ロングテールについて少し

Web2.0とロングテール

インターネットが進化しWeb1.0からWeb2.0へと移りインターネットの存在で「8対2の法則」から「ロングテール」へマーケティングが移り変わる…

8対2の法則とは縦軸を売上高で、横軸を商品で売り上げの高い物を左から並べてと折れ線グラフにする。
全商品の2割が売り上げの高い部分、右部分で残りの左部分が8割になり、高い売り上げのグラフ左の2割の売り上げ合計額は全体の売り上げ額の8割をしめる法則がありました。

ロングテールについて少しの続きを読む

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

ページの先頭へ戻る