Home » XHTML

Sponsored links

XHTML

両端をそろえたリストの表示にチャレンジしました

アフィリエイトサイトで、成分表示などで役に立ちそうなリスト表示方法を試してみました。

リストタグでマークアップして左右に振り分ける?
うまく文字で表現できないのですが、印刷物の目次ページや、加工食品の成分表示などでよく見かける表示をなんとかブログで表示できないかと考えていたところ「WebDesigning」を眺めていたらそれらしい紹介がされていましたので、これを少し変更して紹介します。

両端をそろえたリストの表示にチャレンジしましたの続きを読む

Sponsored links

PREタグの使い方

ページ上でXHTMLタグを表示したい場合やCSSを表示したい場合があると思います。

ページカスタマイズ法などを紹介するときにpreタグを使いますが、preタグの使い方とCSSに加えたいプロパティがありますのでお好みで選んでください

PREタグの使い方の続きを読む

アフィリエイトリンクをイメージした通りに並べる

アフィリエイトリンクを記事に埋め込む際に、左右どちらかに寄せたいとか、センタにリンクを貼りたいと思う場合があると思う。
今回は、XHTMLでW3CにもValidになりスタイルシートを使う方法で説明します。

アフィリエイトリンクをイメージした通りに並べるの続きを読む

アフィリエイトリンクもXHTML-Validにこだわりたい

XHTMLを正確に覚えたほうがアクセスも上がる

他にサイトやBlogをお持ちの方である程度でもXHTMLを理解している方は、実際に試してみるといいでしょう。
ひとつのBlogには、タグを使い、もうひとつには、段落のpタグのみを使いしばらく似たような内容のページを書き検索サイトからのアクセスを調べるとタグをきちんと使ったほうが検索サイトからのアクセスは多くなります。

別のサイト様を見つけましたのでこの記事に追記しました。
2008年12月31日

アフィリエイトリンクもXHTML-Validにこだわりたいの続きを読む

livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

ページの先頭へ戻る